本文へスキップ

入れ替え式カレンダーで3ヶ月分の予定をしっかり管理!

お問い合わせは
leap@orennjiiro.com

フック式カレンダーの詳細hooktype-calendar

フック式カレンダーの動画


カレンダー用紙に開けられたスリット形状穴にに台紙に設けられたフックを掛けるだけで、3ヶ月分のスケジュールを管理できます。簡単だけど、とても便利なシンプル3ヶ月カレンダーです。

常に3ヶ月の日付を表示するのでスケジュール管理がしやすいです。
取り替えた用紙は背部に収納するので、過去の予定をいつでも確認できます。
3ヶ月表示のシンプルカレンダー、是非お試しください。
2016年は、シンプルで便利な「フック式カレンダー」(3ヶ月)で決まりですね。

その他卓上用ペン立てカレンダー(2016年シンプル卓上2ヶ月表示型・2016年シンプル卓上3ヶ月表示型・2016年シンプル卓上4ヶ月表示型)
ポケットカレンダー(2016年シンプル卓上1ヶ月・2016年シンプル卓上2ヶ月・2016年シンプル卓上3ヶ月)もご好評いただいています。

貴方の生活スタイルに合わせて、種類も豊富。(卓上・壁掛け)

2016年 ペン立てカレンダー(卓上 2016年
シンプル卓上舟形2ヶ月表示型 
2016年
シンプル卓上三角形3ヶ月表示型 
 2016年
シンプル卓上四角形4ヶ月表示型
 2016年
シンプル卓上ひし形4ヶ月表示型
2016年
シンプル卓上円形3ヶ月表示型 
 2016年
シンプル卓上長円形3ヶ月表示型
 2016年 ポケットカレンダー(卓上・壁掛け)  2016年
シンプル卓上1ヶ月
2016年
シンプル壁掛け2ヶ月 
 2016年
シンプル壁掛け3ヶ月


その他、リプラ製作所がオススメする洗濯ハンガー、靴干しハンガーステンくん一発ピンチ開放くん速乾ズボンハンガーWハンガー、や、火消番ラッペンごろ寝読書台シャワーbathケット、等の便利グッズもありますので是非、お試し下さい。

フック式カレンダーの役割(2016年シンプルカレンダー)

数ヶ月先の予定を立てる時、カレンダーをめくったり戻したりして不便に感じたことはありませんか?
また、壁掛けタイプの物は揺れやすい、落ちやすいという難点もありますね。

シンプルな「フック式カレンダー」(3ヶ月)なら、常に3ヶ月の日付を表示するのでスケジュール管理がしやすいです。
また独創のフックを採用しておりますので外れにくく、揺れにくくなっております。
コンパクトな物から、A4サイズまで種類が豊富で、 卓上の物と違い場所も取りませんので、
コンパクトな物はトイレ等、大きなサイズにはスケジュールを書き込んだりと幅広くご愛用いただけます。


デザイン性を求める方にもおすすめです 2016年シンプルカレンダー(3ヶ月)
用紙を円形やハート型等色々な形にすることで、今までにない形状のデザイン性に優れた物を実現。
常に3ヶ月の日付を表示するのでスケジュール管理がしやすいです。

フックビジネスカレンダー 2016年シンプルカレンダー(3ヶ月)
140×140×3ヶ月
シンプルでビジネスに最適。常に3ヶ月先のカレンダーを見ることができます。

ダブルフックカレンダー 2016年シンプルカレンダー(3ヶ月)
シンプルでA4サイズなので、記録やメモしたカレンダー用紙をファイルに綴じておくことができます。
常に3ヶ月の日付を表示するのでスケジュール管理がしやすいです。

忙しい貴方のための3ヶ月表示・2016年シンプルカレンダーです。

その他、 貴方の生活スタイルに合わせて、種類も豊富な(卓上・壁掛け)カレンダーもございます。

・卓上で筆記用具入れとして利用できるシンプル「ペン立てカレンダー(卓上)」
(2016年シンプル卓上舟形2ヶ月表示型、2016年シンプル卓上三角形3ヶ月表示型、2016年シンプル卓上四角形4ヶ月表示型、2016年シンプル卓上ひし形4ヶ月表示型、2016年シンプル卓上円形3ヶ月表示型、2016年シンプル卓上長円形3ヶ月表示型)

・カレンダーの抜き差しが簡単なシンプル「ポケットカレンダー(卓上・壁掛け)」

(2016年シンプル卓上1ヶ月、2016年シンプル壁掛け2ヶ月、2016年シンプル壁掛け3ヶ月)もご好評いただいています。

2016年 ペン立てカレンダー(シンプル卓上 2016年
シンプル卓上舟形2ヶ月表示型 
2016年
シンプル卓上三角形3ヶ月表示型 
 2016年
シンプル卓上四角形4ヶ月表示型
 2016年
シンプル卓上ひし形4ヶ月表示型
2016年
シンプル卓上円形3ヶ月表示型 
 2016年
シンプル卓上長円形3ヶ月表示型

 2016年 ポケットカレンダー(シンプル卓上・壁掛け)  2016年
シンプル卓上1ヶ月
2016年
シンプル壁掛け2ヶ月 
 2016年
シンプル壁掛け3ヶ月


カレンダーの歴史

月の満ち欠けをもとに太陽暦が生まれる
カレンダーの起源は、遥か昔の紀元前18世紀頃。古代バビロニア帝国の時代まで遡ります。
(日本は縄文時代)古代バビロニアでは、僧侶たちが毎夜寺院の屋上に登って、月を観測していました。
そこである発見をしたのです。
『月の満ち欠けは一定の周期で行われる』ということ。

この周期を元に彼らは、新月から次の新月までを1カ月とするルールを決めました。これが太陰暦です。
太陰暦の誕生で「月」や「日」の概念ができ、スケジュールを組む習慣が生まれたと推測されています。                                   

現在のカレンダー
月日を刻むことで、人々は今を知り、未来を描きました。
太陽暦が採用される前のローマでは、新月の日には笛を吹き鳴らし、
月がかわったことを市民に告知していたそうです。
この笛の音を聞いた人たちは、その合図とともに前の月のお金の精算をしていたと言われています。

そういえば、現代でもカレンダーで日付を確認しては、古代と同じようにお金の精算をしています。
このように、カレンダーには、歴史の中で培われた文化や風習がまだまだ残っていて、日付とともに割り振られている「かのえ」や「寅」、「大安」「友引」といった文言も、遥か昔の文化や風習の名残です。
 
                                               

カレンダーと脳の活性について

★予定をたくさん入れる★
  米ハーバード大学の調査によると、カレンダーが予定でびっしり埋まっている人は、
  記憶能力の低下がゆっくりになるそうです。
  
  これは、脳が問題解決のために常に活性化されているからだと考えられています。
  友達とのランチや小旅行、飲み会、仕事の予定や、子供の学校行事など、日頃書いている予定だけでなく、
  クリーニングを取りに行く等のちょっとした予定もどんどんカレンダーに書き込んで、
  カレンダーの予定を埋めることで脳が活性されますよ。
  3ヶ月表示だとひと目で管理できて便利ですね。
 
  シンプルな「フック式カレンダー」に予定をどんどん書き込んで脳を活性化させて
  脳のアイチエイジングしませんか?3ヶ月表示で予定も立てやすくなっております。
  補足ですが、ボールペンではなく、鉛筆で予定を書き込むと記憶に残りやすいそうです。

 


                                        このページの先頭へ
販売者

リプラ製作所
お問い合わせ

leap@orennjiiro.com