本文へスキップ

入れ替え式カレンダーで3ヶ月分の予定をしっかり管理!

お問い合わせは
leap@orennjiiro.com

    

  

ペン立てカレンダーの詳細Stand pen-calendar

ペン立てカレンダー

数ヶ月の日付を常に表示できる卓上カレンダー「ペン立てカレンダー」
舟形2ヶ月表示型、三角形3ヶ月表示型、四角形4ヶ月表示型、ひし形4ヶ月表示型、円形3ヶ月表示型、長円形3ヶ月表示型と種類豊富に取り揃えておりますので、貴方のライフスタイルに合わせて選ぶことができます。
卓上にペン立てとカレンダーがセットになることで、ペンを探す手間なくスケジュールも常に管理できます。
期日を過ぎたカレンダー面は簡単に切り離せます。
紙製なので広げて平にでき、封筒にも入れることができるので、プレゼントにもコンパクトで喜ばれますね。
とっても便利な「ペン立てカレンダー」を是非お試しください。
2016年カレンダーは「ペン立てカレンダー」で決まりですね。
その他ポケットホルダー式カレンダー・フック式カレンダーもご好評いただいています。

ペン立てカレンダーの役割

数ヶ月先の予定を立てる時、カレンダーをめくったり戻したりして不便に感じたことはありませんか?
また、ペンを探してウロウロ・・・なんて事も。

そんな時は、卓上でペン立てとカレンダーがセットになった便利な「ペン立てカレンダー」
常に数ヶ月の日付を表示するのでスケジュール管理がしやすくペンを探す手間も要りません。

カレンダー豆知識

カレンダーの起源は、遥か昔の紀元前18世紀頃。古代バビロニア帝国の時代まで遡ります。(日本は縄文時代)古代バビロニアでは、僧侶たちが毎夜寺院の屋上に登って、月を観測していました。そこである発見をしたのです。『月の満ち欠けは一定の周期で行われる』ということ。この周期を元に彼らは、新月から次の新月までを1カ月とするルールを決めました。これが太陰暦です。太陰暦の誕生で「月」や「日」の概念ができ、スケジュールを組む習慣が生まれたと推測されています。                                   
月日を刻むことで、人々は今を知り、未来を描きました。太陽暦が採用される前のローマでは、新月の日には笛を吹き鳴らし、月がかわったことを市民に告知していたそうです。この笛の音を聞いた人たちは、その合図とともに前の月のお金の精算をしていたと言われています。そういえば、現代でもカレンダーで日付を確認しては、古代と同じようにお金の精算をしています。このように、カレンダーには、歴史の中で培われた文化や風習がまだまだ残っていて、日付とともに割り振られている「かのえ」や「寅」、「大安」「友引」といった文言も、遥か昔の文化や風習の名残です。  
                          

節分の秘密

2月3日の節分は皆さん良くご存じでしょうけど、節分は年に4回あるのは知っていますか。

そうです。立春、立夏、立秋、立冬の前の日が、節分です。季節を分けると書いて、節分です。
この日が前の季節の終わりを意味し、新しい季節を迎えるための重要な区切りです。
残念な事に、現代では他の節分は、人々の意識の中から消えてしまいました。

さて、年に四回ある節分の内、立春の前の節分は最も重要な節分です。
節を分け、一年の始まりが立春です。太陽の黄道上の位置を24等分した節季の始まりです。
とても大切な日で、前年までの区切りを付け、新しい始まりを迎える為の準備をする日です。
運命論上もこの日は面白い日で、たとえば何かするのに適さない年回りの人でも、
この日を選んで行動に移すと構わないそうです。
どちらにも属さない時空間にあるのが、この節分の日です。

鬼は外、福は内という呼び声の豆まきも、はっきり善と悪、幸運と不運を区切る事を現しています。

なぜ、この日に豆をまくのでしょうか。1月は丑の日で、2月は寅の日です。
丑寅は東北を現し、鬼門の方角になります。
この日は、時間的な鬼門に成りますので、祓うわけです。

ですから、この豆まきは古来より、真剣に行われているのです。

鬼門と鬼のパンツの由来
鬼がトラのパンツをはくわけは、「鬼門」に由来するそうです。
「鬼門」は鬼の出入りする方角で「北東」とされ、この方角は十二支にあてはめると
「丑」「寅」の方角(うしとら)にあたります。
そのため、古来鬼は「牛(丑)」の角(つの)をもった姿で、「虎(寅)」のパンツを身に付けているとされているそうです。


販売者

リプラ製作所
お問い合わせ

leap@orennjiiro.com